当サイトのコンテンツには、広告を含む場合があります。

お湯を注ぐのに違いがあるの?

目次

ケトルを使って注いでみよう!

コーヒーメーカーを利用している場合だと、お湯を注ぐというより入れることになりますので、こちらではハンドドリップでコーヒーを淹れる場合を想定して解説しています。

普段、お湯を注ぐものとしたらカップラーメンとかが身近でしょうか。これならやかん等、【湯量】が多く注げる器具を使えばよいと思います。

では、ハンドドリップで湯量を多く注げるものは適しているのかどうかでしょうが、当然おすすめはできません。

忙しい時、はやく飲みたいため一気に注いでしまう場合もあるかもしれませんが、せっかくのコーヒーの風味がより複雑になってしまうことでしょう。

その場合でも、一つ正しい器具を使用することでも違いがでてきます。

細口のケトルを使ってみる

ではどのようなケトルを選べばいいのでしょうか?

お湯を細い線のように注ぐと良いので細口のケトルを選んでみます。

左先端の注ぎ口が小さく、お湯の通路も長く狭いので、細いお湯を注ぐことができます。

このように細い湯量を注げると抽出も安定し、コーヒーの風味も出やすくなります。

ケトルの先端はこのようになっています。

手で持つ取っ手の部分は、自分にしっくりきた使いやすいものを選ぶと良いです。

ケトルの種類によっては、先端の細口形状が異なることによって、湯量の形も変わりますので、自分が使いやすいと思うものを選びましょう。

【HARIO NETSHOP】

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場



mametas

ケトルの種類は様々あります。自分が気にいったデザインが良くても使いにくいものもあるので、使っていろいろ試してみましょう。

コーヒー好きなお兄さん

色もスタイリッシュで黒とか好きだからいいかもね!

mametas

お好みのケトルを探すのも楽しいでしょうね。

カフェ巡り好きなお姉さん

可愛い色のポットが自宅にあるからインテリアに合わせたいな♪

mametas

インテリアとしてもケトルは十分オシャレになるので、自分好みのを探してみていいと思います。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次