当サイトのコンテンツには、広告を含む場合があります。

ドリッパーの大きさはどれを選べばいいの?

コーヒードリッパーの大きさとは

ハンドドリップで淹れる時に、ドリッパーに大きいものから小さいものまであります。

例として1杯用から4杯用、他には同じ大きさでも1回抽出用等様々です。

1~4杯用
1~2杯用
1回抽出用

このように、小さいものは1~2杯、大きいものだと4杯淹れることができます。

中には特殊な用途があるドリッパーもあるので、初めての方はシンプルな円錐型のドリッパーを選ぶと良いでしょう。

大きいのと小さいのはどちらがいいのか?

それぞれに特色があります。

小さいドリッパー→お湯のコントロール幅が狭いので、注ぐ時に溢れたりするリスクが大きくなる

大きいドリッパー→お湯のコントロール幅が広いので、注ぐ時に溢れたりするリスクが少なくなる

※複数杯数淹れたい場合は大きいドリッパーの方が淹れることができる

では大きい方が良いのかとなりますが、抽出が安定すると小さい方でもしっかり味は出せます。

結論から申しますと使いやすい方ということになります。

最初は大きいドリッパーで抽出して慣れてから、小さい方も使ってみて、自分が使いやすい方で抽出するのがおすすめです。

mametas

安定したお湯を注ぐのはプロでも気を使いますね。

コーヒー好きなお兄さん

いろいろなドリッパーがあるから迷います

カフェ巡り好きなお姉さん

やっぱり難しいのかな・・・

mametas

初心者でも簡単に淹れることのできるコーヒー器具もあります。前のブログで紹介した器具もその一つです。
今度、他のものも解説しますね。

コーヒー好きなお兄さん

ありがとうございます!楽しみにしてます!

【HARIO NETSHOP】

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場



ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次