当サイトのコンテンツには、広告を含む場合があります。

コーヒーを淹れる時の蒸らしって?

目次

コーヒー抽出の蒸らしの大切さ

コーヒーの蒸らしはハンドドリップで淹れる際に、豆とお湯をしっかりと浸透させ、十分に味を引き出す重要な工程です。

この蒸らしに注ぐお湯の量と蒸らし時間でも変わってきますが、初めての方は蒸らす工程の時に慣れていないこともあると思われます。

そこで、この蒸らしの工程を省略してコーヒーを抽出できる器具を解説していきたいと思います。

蒸らし不要のコーヒー器具を使ってみる

蒸らし不要ドリッパー

こちらは無限ドリッパーと言われる器具で、1回抽出用(1~2杯用)となります。

使い方としては、紙フィルターをセット後、一度お湯を通して全体を湿らせます。

全体を湿らせる感じで

次にコーヒー粉を入れます。中心に全て落ちるようにしましょう。

粉を入れます

後は全体を渦巻き状にお湯を注いでいきます。

クルクルっと

蒸らしの1手順がないとそのまま注げますね。

そのまま抽出されるのを待ちます

コーヒー粉は細かい方(中細挽き~細挽き)、個人的には細挽きの方が安定する気がします。

綺麗に抽出されますね

この蒸らしの工程を省略することで、抽出時間も短縮できます。

完成です

このドリッパーは大きく抽出スペースも広いので、ハンドドリップの練習ドリッパーとしてもおすすめです。

※前のブログでドリッパーの大きさを解説しています。

コーヒー好きなお兄さん

蒸らしの後の2回目にお湯を注ぐタイミングがないのは楽ですね!

mametas

2投目(回目)のお湯を注ぐタイミングが慣れていない時はこの器具という方法もあります

カフェ巡り好きなお姉さん

これならポットで注いでも大丈夫かしら?

mametas

そうですね…お湯を注ぐことであれば前のブログを参考にするといいですよ。

【HARIO NETSHOP】


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次